機能樹脂 テナック-C 新規導電3グレードを上市しました

 

2014/05/14

テナック-C 新規導電グレードのご紹介

従来の導電性ポリアセタールは、
①熱安定性が不充分で、熱滞留により成形品外観の悪化を招く
②熱分解したガスによる金型汚染が起きやすい
③流動性が充分ではないため大型部品の成形が困難である
④靱性不足で割れが生じやすい といった課題を有していました。

これらを画期的に改良した材料が、テナック特殊導電グレード(EF850・TFC84・TFC77)です。

1.EF850(高流動タイプ)
EF850の流動性(スパイラルフロー長さ)は従来の導電性ポリアセタールの2倍程度であり、
高流動標準ポリアセタールと同等程度の流動性を示します。
この高い流動性により、大型部品、精密成形部品への展開が可能となります。

2.TFC84(高靱性タイプ)
TFC84は、導電性を犠牲にすることなく30%もの引張伸びを実現した材料であり、
これまで靱性不足から適用が困難であった、応力のかかる部品への適応が可能となります。

3.TFC77(導電安定性タイプ)
TFC77は、摺動中においても安定した抵抗値を維持しつづけることを可能とした材料で、
軸受・ベアリング等の摺動部に安定した除電性能を付与することが可能となります。

これらのグレードは、2014年1月に上市されました。詳細は、こちらをご参照下さい。

ページトップへ