ABS樹脂の2次加工上の問題点とその対策

 

問 題 点 原     因 対     策
メタルインサート ボス部の破壊 防錆油等、油類の付着によるストレスクラック インサート金具を良く脱脂し乾燥してから用いる
ボス厚みが不足 ボス厚みをインサート金具直径の50%以上とする
成形収縮歪み インサート金具を予備加熱し熱い状態で金型にセットして成形する
塗 装 クラック
クレージング
吸い込み
外観不良
成形歪み アニーリング処理を行う
成形歪みを低減する成形条件を選択する
シンナーによるストレスクラック 適切なシンナー・塗料を選択する
塗装グレードを選択する
密着不良 離型剤が付着 離型剤の使用を避ける
アルコール可溶性離型剤を最小局部的に使 用し脱脂を充分に行う
塗料・シンナーが不適切 適切な塗料・シンナーを選択する
接着 接着強度が 不足 接着面に離型剤等、油類が付着 離型剤の使用を避ける
アルコール等で脱脂する
接着剤が不適当 適切な接着剤を選択する
(参考)接着剤の選択及び注意点
   ・ABS樹脂同士の接着
      プラスチック用の有機溶剤型・樹脂入り型・化学反応型の殆どが適応できる
   ・ABS樹脂と異質樹脂・異種物質との接着
      プラスチック用又は相手材用の接着剤を試みる(接着力が劣る場合がある)
      樹脂入り型・化学反応型が多く使用される
   ・充填接着
      樹脂入り型・化学反応型が適する
   ・面接着
      有機溶剤型・樹脂入り型を使用する場合は溶剤の蒸発に時間を要するので
      接着片にスリットを多く設ける等、早く溶剤を蒸発させる
熱溶着 溶着不十分
バリの発生
溶着条件が不適切 適切な溶着条件を選択する
接合部のデザイン 接合部を適切にデザインする
適切なエネルギーダイレクターを選択する
クラック発生 熱歪み 適切なホーン形状・出力を選択する
メッキ 密着不良 メッキ条件が不適切 適切なメッキ条件を選択する
メッキグレードを選択する
成形歪み 成形歪みを低減する成形条件を選択する
(参考)
   成形品表面の成形歪みを低減するためには、成形条件を下記の方向に修正する
   ・シリンダー温度 → 高くする
   ・金型温度 → 高くする
   ・射出速度 → 中程度
   ・射出圧力 → 中程度

   アニーリング条件は下記を参考に、実際の成形品で問題が無いことを確認する
   ・温度 → 荷重たわみ温度を上限温度とする。
      温度が高すぎると、成形品の変形が発生する場合がある。
   ・時間 → 2~3時間を目安とする。
      温度が高いほど短時間でアニールでき、低いほど長時間を要する

ページトップへ