ABS樹脂の成形品の割れ原因とその対策

 

破面の状況 原     因 対     策
白化状態 設計強度を超える応力が作用した割れ 過大な応力の発生原因を排除する
肉厚を増加する
デザインを変更する(コーナーRを増加する)
高強度なグレードへ変更する
再生材の混合率が高い 適正な混合率にする
着色剤が適正でない 適正な着色剤種を使用する
適正な着色剤添加量とする
白化がない
一部が白化
クリープ変形による割れ 過大な応力の発生原因を排除する
肉厚を増加する
デザインを変更する(コーナーRを増加する)
高強度グレードへ変更する
メッキのノッチ効果による割れ 適正なエッチング条件を選定する
メッキグレードへ変更する
塗装のノッチ効果による割れ 適正なシンナーを選択する
塗装グレードへ変更する
ウェルド部からの割れ ウェルドの出難い成形条件を選定する
・射出速度を上げる
・射出圧力を上げる
・金型温度を上げる
・金型にガス抜きをつける
ゲート位置・ゲートバランスを変更して、ウェルド発生位置を適正な位置に移動させる
ゲート部の配向割れ 配向のかかり難い成形条件を選定する
・シリンダー温度を上げる
・金型温度を上げる
・射出速度を下げる
ゲートの径を広げる
貝殻状 繰り返し疲労破壊 デザインを変更する(コーナーRを増加する)
耐疲労性グレードに変更する
ガラス状
光沢がある

ケミカルストレスクラック

薬品が接触した 接触する薬品を排除する
影響の小さい薬品に変更する
脱脂した金具・ネジ等を使用する
外部応力が作用していた 作用している応力を排除する
デザインを変更する(コーナーRを増加する)
成形歪みが発生していた 成形歪みを低減する成形条件の選定
・シリンダー温度を上げる
・金型温度を上げる
・射出速度を下げる
ゲートの径を広げる
インサート歪みが発生していた 大きなインサート金具は使用しない
シャープコーナーのある金具は使用しない
ボスの肉厚を厚くする
インサート成形時、金具を加温する
タッピング歪みが発生していた ボスの肉厚を厚くする
補強リブで補強する
適正なネジ径のタッピングネジをしようする
  耐薬品グレードを使用する
層状に剥離 異樹脂が混入した 混入樹脂を特定し、混入経路を絶つ
・成形材料の管理
・再生材の管理
・洗浄材の管理
・成形機の洗浄
成形条件が不適切 適正な成形条件を選定する
・シリンダー温度を上げる
・金型温度を上げる
・射出速度を下げる
流動性の高いグレードを使用する
着色剤の量が多い 着色剤の少ない色を使用する

ページトップへ